本事業について

福島相双復興官民合同チームに集まった被災地域の声やニーズをふまえた支援として平成30年度「地域経済産業活性化対策費(被災12市町村における地域のつながり支援事業)」を実施します。

事業の目的

東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴い避難指示等の対象となった福島県田村市、南相馬市、川俣町、広野町、楢葉町、富岡町、川内村、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村及び飯舘村(以下、「12市町村」という。)における被災者の人々とのつながり創出を通じ、地域の活性化、さらには産業振興やまちづくりにも資するような取組を支援することを目的とします。

事業スキーム

事業内容

12市町村における被災者の人々とのつながり創出を通じ、地域の活性化、さらには産業振興やまちづくりにも資するような取組を支援します。

手続きの流れ(フロー図)

スケジュール